男性と女性の薄毛や抜け毛の原因に違いがあるのはご存知でしょうか?薄毛のパターンも男性と女性に違いがあります。男性と女性の違いについてみていきましょう!

男性と女性の薄毛や抜け毛の原因の違い

sensei男性の抜け毛や薄毛で一番多いと言われているのは、AGAと呼ばれる男性型脱毛症です。全国では1000万人以上いるといわれております。このAGA男性型脱毛症ですが、頭頂部がはげたり、生え際、前頭部にハゲが目立つのが特徴です。nukegenosyanpu

このAGAの原因ですが、男性ホルモンが大きく関係しております。DHTと呼ばれる男性ホルモンが関係しており、このホルモンは髪の毛の成長をストップしてしまう働きがあるのです。最近では、治療薬が続々出ているので、改善されている方も増えていおります。

女性もAGAといった脱毛症がありますが、少ないです。女性のホルモンが加齢によって減少してしまい、男性ホルモンが優位になってしまうことによりAGAになることもあるみたいです。

女性の場合の薄毛パターンですが、男性の薄毛のパターンである生え際や頭頂部などのハゲではなく、髪の毛全体が薄くなるのが特徴的です。このタイプの薄毛はびまん性脱毛症といわれる脱毛症で女性でもっとも多いタイプです。

女性の薄毛や抜け毛の原因ですが、実にたくさんあるのです。遺伝要因は男性と違って少なく他の要因が多いです。例えば、ストレスであったり、女性ホルモンのバランスであったり、ポニーテールなどで髪の毛をひっぱる牽引性脱毛症であったり色々あるのです。

男性と違って女性の場合は、育毛剤や育毛シャンプーを使うと、改善されたケースが多いので、男性より女性の方が薄毛を改善しやすので、薄毛になってもあきらめずに頭皮ケアをしていくようにしてください。